DAIWA

IMPRESSION A-ブリッツ カワハギ A-BRITZ KAWAHAGI

A-BRITZ カワハギ

次世代穂先「メガトップ」採用。軽量・感度・操作性に優れたカワハギ専用設計! A-BRITZ カワハギ

カワハギの繊細なアタリを、目感度に優れた超分散「メガトップ」で逃さずキャッチ。終始手持ちで誘い続けるカワハギ釣りにおいて軽量設計は操作性の飛躍的向上、疲労の軽減のみならず、今まで気づかなかった微かなアタリも感知でき、最大のアドバンテージに!レスポンス良く快適に難敵カワハギを攻略するクラスを越えた専用設計。

□ M-180 … 操作性とクッション性を兼ね備え、底を意識した釣りを得意とするスタンダード8:2食わせ調子。目感 度重視の極鋭カワハギでいうところの「1345」

□ MH-175 … 感度と操作性に優れ、底~宙の釣りを得意とする硬調9:1先調子。手感度にも優れた極鋭カワハギ でいうところの「2455」

INNOVATION
メガトップ

メガトップ

カーボン繊維が均一に分散していることで、固体によるバラツキが少なく、360度、どの方向にも同じ曲がりを見せる。

メガトップ

超分散だから高強度「メガトップ」

繊維と樹脂の均一な分散により、一般的な「高強度カーボン」とは次元の違う強度・剛性を有しており、カーボン素材特有の手に響く感度(手感度)はもとより、穂先に現れる視覚的感度(目感度)も従来よりも大幅に向上。ワッペンサイズのカワハギがエサをついばむ繊細なアタリも明確にキャッチします。


メガトップとは

メガトップとは、カーボン繊維とレジン(樹脂)が均一に分散しているカーボンソリッドのこと。一般的なカーボンソリッドとの大きな違いは、カーボン繊維とレジンの偏りの違いにある。一般カーボンには偏りが発生するため、結果として強度が強い場所と弱い場所が生じてしまう。メガトップはこれをほぼ均一に配置することに成功。巻き込み強度従来比1.5倍の驚くべき結果を得た。また、カーボン繊維が均一に分散していることで、個体によるバラツキが少なく、360度、どの方向にも同様の曲がりを見せる。さらにそれを活かし穂先先端部を細径で柔軟、ハイテーパーな穂先にすることで、先端部が敏感にアタリを察知。カーボン特有の手に響く感度はもとより、目でアタリをよりはっきりと視ることが可能になった。

詳しくはこちらから ▼

各アイテムの特徴と曲がり比較
各アイテムの特徴と曲がり比較
オモリ25号負荷時の曲がり
メガトップ/穂先部チタンK~KWガイド/オールSiCリング/パーミングトリガーシート/ナイロン製ロッドベルト/竿袋