DAIWA

IMPRESSION 極鋭カワハギ レッドチューン レンジ KYOKUEI KAWAHAGI RED-TUNE RANGE

極鋭カワハギ レッドチューン レンジ

レンジ「宙」を制するチューニングモデル。「スーパーメタルトップ」「Xトルク」採用で感度とパワーを両立した全長168cmのハイレスポンス仕様。 極鋭カワハギ レッドチューン レンジ

2006年に初めて世に送り出された『極鋭カワハギ レッドチューン』。十分に軽く好評を得ていたノーマルタイプの極鋭カワハギと比べても、圧倒的な軽さとオールマイティーな調子がカワハギ師から好評を得ている。

ただ年が経つにつれ状況は変わり釣り人の要求も厳しいものとなる。オールマイティーな調子を基本として持ち、状況により宙の釣り・底の釣りと使い分ける。難敵カワハギとのやり取りを行うために、その時々で最適な調子が欲しくなるものだ。

「極鋭カワハギ レッドチューン レンジ」は、レンジ(宙)を攻める状況下において、カワハギからのシグナルを的確 に捉えるため、目感度・手感度に優れた0.8mmスーパーメタルトップを搭載。X-トルク構造によりネジレを軽減し、 シャープな操作性と、レスポンス良くアワセが効く穂持ちバランス・パワーを実現。レンジ(宙)の釣りにおける最適 な長さ(168cm)・調子を徹底追求した極鋭カワハギでいうところの「2555」。1匹を争う競技において効率の良い 釣りが可能。まさに「RANGE=レンジ(宙)」の名にふさわしい、スペシャルチューンナップモデル。

INNOVATION
スーパーメタルトップ
スーパーメタルトップ 金属素材ならではの驚愕的感度を持つ「スーパーメタルトップ(SMT)」

軽量金属として知られるチタン素材を構成した超弾性チタン合金素材に、カーボンとグラスのコンポジットシートを巻きつけテーパーをつけたものが、スーパーメタルトップ。柔軟ながらもカーボンやグラスより強度があるため、従来より細径や極先調子の穂先を作る事が可能。また、超弾性金属素材特有の非常に強い振動特性により、アタリを手元まで響かせる高い伝達性を実現。金属ならではの強度を持ちながらもしなやかで、視覚にも触覚にもしっかりとアタリを伝えてくれる新世代穂先。

詳しくはこちらから ▼

Xトルク
パワー、操作性に革命をもたらすネジレ防止の最適構造「Xトルク」

従来構造(竿先に対して0度、90度)に、DAIWA独自のバイアスクロス(±45°に斜行したカーボン繊維)を巻くこと で、ネジレを防ぎ、パワー・操作性・感度が飛躍的に向上。

「Xトルク」は操作性とパワーを飛躍的に向上させる構造である。
Xトルク
「Xトルク」は最も弾性の高い角度を採用している。

極鋭カワハギシリーズ 調子比較

往年の極鋭ファンには『1342』や『1455』といった調子の呼び方のほうがしっくりとくるのではないだろうか。極鋭シリーズはスーパーメタルトップを採用し、従来のカワハギ竿に比べ極端な調子を実現し、それまでにない感度を実現することができるようになった。この極鋭に特有の、いわゆる極鋭調子を表現するためにロッドを4つのパートに区切って硬さを表示している。